レディー

薬を利用すれば辛い症状も緩和する|うつ病は必ず治る

副作用も考える

ドクター

脳に働きかける

極期といわれる、うつ病の症状がはっきりと現れてくる時期になると、薬がよく治療に使われます。この病気の原因は未だに原因が分かっていないところが多く、予防をすることは不可能に近いです。しかし、うつ病になった際の脳の動きというものは把握されているため、その脳の動きをサポートするための薬物療法が行なわれているのです。感情や睡眠は全て脳が司っている活動です。これは脳の中に分泌されているホルモンや神経が強く関係しています。脳内の伝達物質にはノルアドレナリンやセロトニンが分泌されているのですが、セロトニンが脳内に増えるとリラックスし、幸せな気分になります。反対にノルアドレナリンが分泌されると交感神経が刺激され、身体も心も元気になります。こういった物質が電気信号を刺激し、身体や精神に影響を与えるのですが、ストレス過多になるとその動きが阻害されてしまいます。それを補助するために、薬を使うのです。

使われるもの

よく使われるのが抗うつ剤ですが、これにもいろんな種類があります。抗うつ剤を使用すれば、セロトニンやノルアドレナリンの働きがスムーズになりますので、身体的にも精神的にも楽になっていきます。大きく分けて四つの種類がありますので、身体の調子や症状の進度によって選択して使われていきます。選択的セロトニン再取り込み阻害、いわゆるSSRIを使えば、セロトニンの動きがスムーズになるという効果が得られます。通常薬を服用すると副作用が出てしまうのは当然なのですが、この種類は副作用も他の製品に比べると軽い副作用でもあるため、軽いうつ病の治療に使われることが多いです。デプロメールだと副作用も軽いですが、効果を得るために何回か服用する必要があります。そのため、忘れてしまわないようにすることが大事です。SSRIで効果が出なかった場合、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬である、SNRIを利用することになります。副作用には排尿障害などがありますので、うつ病治療での使用には検討が必要です。